読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短文感想所

映画やら本やら漫画やら日常やら

愛のむきだし(2009)

俳優さん女優さんの怪演が素晴らしく、エロスの力でひたすら最後まで観れる映画。

 

人間は両親に愛されて育った人も育っていない人も、心の中に「空洞」がある。それは両親の、無償の「愛」の後にぽっかり空いた空洞で、それを埋めるのに必要なのが、他の人の「愛」…という映画。園子音さんを観ると、「まともな人が作った映画だな」と思う。まともじゃないようにみえるけど根本にあるものがどこまでも「普通の人間」の感性に溢れているなと思う。

それは、「人間」を「愛する」ということにどこまでも肯定的だからだろう。

 

この映画をみて、思春期の女の子にとって、心の「空洞」を埋めるのが「美少年」だ…というコラムを思い出した。アイドルや、漫画のキャラクターが、魔物のように「空洞」に入り込む。きっと男の子の空洞と、女の子の空洞は全く違うのだろうな。

 

 

愛のむきだし

愛のむきだし